MAMPというアプリケーションを使ってWordPressを自分のパソコンにインストールし、WordPressを操作できるようにしましょう。

MAMPとは

MAMPはWordPressを動かすためのWebサーバ(Apache)、データベースサーバ(MySQL)、PHPの実行環境を簡単に作ることにできるアプリケーションです。

MAMPを使うことで、簡単にWordPressを動かすことができます。

MAMPのダウンロード

公式のホームページからMAMPをダウンロードします。

MAMP公式ホームページ

Downloadボタンをクリックします。
ダウンロードが終わったらダウンロードをした場所を開いてください。

MAMPのインストール

ダウンロードしたフォルダを開くと、アプリケーションをインストールするためのファイル「MAMP_MAMP_PRO_3.2.2.exe」があります。
ダブルクリックしてインストールを開始します。

※ 3.2.2の部分はバージョン番号になります。変わっているかもしれませんが、特に気にせず進めて大丈夫です。

警告メッセージが出ますが、問題はありませんので「実行」をクリックしてください。

「Next」をクリックします。

「MAMP PRO」は有料のサービスです。
今回は無料で使えるMAMPを使用するため「MAMP PRO」のチェックボックスを外して「Next」をクリックします。

規約に同意する画面になります。同意するという意味の「I accept the agreement」にチェックを入れて、「Next」をクリッックします。

インストールを行う場所を設定できます。そのままの設定で「Next」をクリックします。

スタートメニューに登録する画面になります。そのままの設定で「Next」をクリックします。

デスクトップにMAMPのショートカットを作るかどうかの選択になります。
いつでもアイコンは削除できますのでそのまま「Next」をクリックします。

インストール確認画面です。「Install」をクリックしてインストールを開始します。


「Finish」をクリックすればインストールは完了です。

MAMPの起動

先ほどデスクトップに作られたアイコンをダブルクリックするとMAMPが起動します。

※ ショートカットを作らなかった人はWindowsのプログラムメニューから起動してください。

起動するとこのような画面が出てきます。
基本的に変更する必要はありませんが、念のため確認しておきましょう。
「Preferences…」と書かれている歯車マークをクリックします。

MAMPの設定

MAMPの起動についての項目になります。

上のタブをクリックすることで、設定画面を変えることができます。

上2つのチェックボックスをオンにすることで、MAMPの起動と同時にサーバも起動し、MAMPを終了させるとサーバも終了する設定になります。
便利なので「チェック」を入れておきましょう。

3つ目のチェックボックスは「MAMP PRO」という有料サービスをスタートさせるかどうかの項目、4つ目はWindowsの起動と同時に「MAMP」をスタートさせるかの項目になります。基本的に必要ないと思いますので、チェックは外したままでよいと思います。

画面の数字が入っていれば大丈夫です。

名前 ポート
Apache Port 80
Nginx port 80
MySQL Port 3306

異なっている場合は、見えにくいですが一番下のボタンをクリックすると、一括で変更できます。

PHPのバージョンが変更できます。WordPressに必要なPHPのバーションは「5.2.4以上」です。それ以上になっていることを確認します。

Cacheは「off」でよいです。

Web Serverの設定画面です。MAMPではWeb Serverを「Apache」と「Nginx」という2種類から選ぶことができます。
「Apache」が選択されていることを確認してください。

下のボックスに表示されている文字列は、WordPressを実際に入れる場所を示しています。あとで解説しますので今は大丈夫です。

設定は以上です。「OK」をクリックしてウィンドウを閉じてください。

MAMPサーバの起動と停止

右上の「Apache Server」と「MySQL Server」の隣にあるチェックボックスが緑になっていれば、サーバーは起動しています。

サーバーを停止するには「×」をクリックしてMAMPを終了させるか、「Stop Servers」と書いてある電源ボタンをクリックすることで、停止することができます。

電源ボタンを使って停止すると、下の画面のようになります。

再び開始したいときには、「Start Servers」と書かれている電源ボタンをクリックすれば起動します。

データベースの作成

WordPressを使うには、データベースを作る必要があります。データベースというのは、色々な情報をいれることができる入れ物のことです。
簡単に作ることが出来ますので安心してください。

「Open start page」と書かれたアイコンをクリックしてください。

ブラウザが開いて、画像のような画面が開かれたと思います。
ここにデータベースの情報が書かれています。下記の部分を覚えておきましょう。
データベースのユーザ名とパスワードの情報です。

項目 情報
User root
Password root

「Tools」をクリックすると「phpMyAdmin」「phpLiteAdmin」という項目が出てきます。
「phpMyAdmin」でデータベースを作成することが出来ます。「phpMyAdmin」をクリックしてください。

設定画面が英語で書かれているので、日本語に変更します。

日本語になりました。続いてデータベースをクリックします。

データベース名欄に作成するデータベースの名前を入力して、「作成」をクリックします。
今回は「wordpress」という名前のデータベースを作成します。

作成すると、phpMyAdminと書かれている下に「wordpress」という名前が追加されていれば、作成は完了です。

MAMPの設定は以上ですが、サーバーは起動したままにしておいてください。

WordPressのインストール

いよいよWordPressのインストールです。公式のホームページからWordPressをダウンロードします。

公式ホームページ

画面右下の「WordPressをダウンロード」をクリックするとダウンロードが開始されます。
ダウンロードが完了したら、ダウンロードした場所を開いてください。

ダウンロードしたWordPressは圧縮されています。右クリックから選択できる「すべて展開」を選び解凍します。




展開したフォルダを開くと「wordpress」フォルダがあります。

さらに開くと、WordPressを構成するファイルにたどり着きます。

このファイルをWebサーバに移動させます。Webサーバのフォルダを開くために、MAMPの画面の「Preferences」をクリックし、設定画面を開きます。

設定画面のWeb Serverタブを選択します。
「Open」をクリックすると、Webサーバのフォルダが開きます。

このフォルダに、WordPressを構成するファイルを全部選択し移動させます。


ブラウザを起動し下記URLにアクセスしてみましょう。
http://localhost

WordPressのインストール画面が開きます。「さあ、始めましょう!」をクリックします。

先ほど作ったデータベース名と、設定画面で確認したユーザー名、パスワードを入力します。

今回の例では下記内容になっています。入力したら「送信」をクリックします。

項目 情報
データベース名 wordpress
データベースユーザー名 root
データベースパスワード root

「インストールを続行」をクリックし、続いてWordPressの設定を行います。

ウェブサイトの名前、WordPressのユーザ名(先ほどのデータベースのユーザー名とは別です)パスワードを設定します。個々の値を入力してください。
WordPressのログインで使用するので覚えておいてくださいね。
※ ウェブサイトの名前はあとで変更することもできます。

今回はテスト用なので下記内容で登録しました。

項目 情報
サイト名 simple
ユーザー名 user
パスワード admin
脆弱なパスワードの使用を確認 チェック
メールアドレス hoge@example.com

インストールが完了し、WordPressに自動でログインされます。
ログインするとWordPressのダッシュボードの画面になります。
ダッシュボードはWordPressの管理を行う場所です。

もし自動ログインされない場合は下記URLからログインすることができます。
http://localhost/wp-login.php

最後に現在のWebページをみてみましょう。サイト名をクリックすると「サイト名を表示」が出てきますので「サイト名を表示」をクリックします。

ウェブサイトが表示されれば正常にWordPressのインストールが完了しています。

おつかれさまでした。